その他

『スポットメッセージ』でAR墓参り、故人がポケモンGOのように現れる!費用や動画など

「ポケモンGO」の登場により、AR(拡張現実)技術とスマホの位置情報(GPS)を活用した新しいサービスが注目を集めています。墓石や石材の販売を行っている良心石材(千葉県香取市)が『Spot message』(スポットメッセージ)(Android版)というアプリを8月15日にリリースしました。

このアプリはポケモンGOのように、故人がスマホのARになって、思い出の場所に登場するというもの。ネットでは「怖い」「泣ける」とさまざま反応が出ているようです。

『Spot message』(スポットメッセージ)について

スポットメッセージはこういう人に向いています

・自分の死後に遺された家族が心配な人や後世に思いを託したい人、
・自分の墓にメッセージや動画・写真などを映し出したい人

 

スポットメッセージはどんなことをするの?

・生前に墓石や納骨堂、散骨する予定の場所などに、メッセージや動画・写真を登録する

 

スポットメッセージはどんなことが起こるの?

・遺族や故人と親しい人が登録した場所を訪れたときに故人のメッセージや動画・写真を見ることができる

・故人からのメッセージや動画・写真を後世に遺すことができる

 

スポットメッセージは遺族が慰霊場所を決めて墓参りすることも可能

遺族らが慰霊のための場所を登録することもできる。このサービスであれば、散骨や樹木葬などの形のない墓(慰霊場所)でも、GPSからメッセージを出現させることができるので、日本のみならず、世界中で利用でき、墓参りを促すことができる。

 

新たな「終活」のスタイル

「終活」のスタイルに、自身がビデオレターを遺すケースがあります。この「スポットメッセージ」のいいところは、そのビデオレターを思い出の場所でなければ見ることが出来ないということです。

遺族らが思い出の場所でメッセージを聞くことで、より感慨深く故人との思い出に浸り、故人のメッセージを心にとどめることができるのです。

 

スポットメッセージの費用について

会員登録は無料。有料会員になれば最大30件までのメッセージが遺せるほか、オプションで動画や写真をARメッセージにしてくれる「スポットメッセージAR」(1件1000円から)などが利用できます。

 

スポットメッセージの開発秘話

開発は2年前からで、AR技術に着目して開発を進めてきた点は「ポケモンGO」と全く同じだそうです。驚きですね!

 

良心石材の香取良幸社長の熱い思い

 「スポットメッセージ」には、良心石材の香取良幸社長の熱い思いが詰まっている。きっかけは8年前、叔父の突然の死だった。「亡くなった叔父から、『頑張れ』と声をかえてくれたら、どれほど勇気をもらえるか」と考えた。

香取社長は、「日ごろの感謝の気持ちや報告、悩みなどの思いを、お墓参りで伝えることで自分自身を前向きにしてくれることは多くあります。もし、お墓参りのときに『来てくれてありがとう、いつも見守っているよ』『無理しないで、からだを大切にね』と、故人に言われたら、その人の大きな心の支えになるはず。このサービスは故人の想いを後世に伝えて、お墓参りする人の人生をより豊かによい方向に変えることを願ってはじめました」という。

 

スポットサービスを開発した良心石材とは?

会社名   株式会社 良心石材
所在地   [本社]  千葉県香取市
代表者   代表取締役社長 香取良幸
事業内容  墓石、石材の販売、加工、取り付け

http://www.ohaka-ryoshin.net/index.html

スポットメッセージはこういう使い方のほうが需要があるかも・・

 良心石材の香取社長は、「できるだけ多くの人に使ってもらえれば」という。墓参りなどの慰霊のほか、たとえば歴史に残る武将や偉人の墓所や城郭などの観光名所に説明のメッセージや関連画像を登録しておけば、観光ガイドにもなるし、プロポーズした思い出の場所に妻へのサプライズメッセージを残すこともできる。

スポットメッセージまとめ

最初にこのスポットサービスでお墓参りという記事を読んだ時は「ご先祖さまGO?これはありえない。怖すぎる。」と思ったのですが良心石材の香取社長の熱いメッセージを読んでからは「もしかしたら・・ありかも」と気持ちの変化がありました。そして何故か秋川雅史さんの「千の風になって」を思い出してしまいました。

スポンサーリンク336

SPONSORED LINK

-その他