経済

『世界が称賛する国際派日本人』は誰?伊勢雅臣47,000人愛読のメルマガとは

4万7000人が愛読するメールマガジン『国際派日本人養成講座』のベストセレクション第二弾の『世界が称賛する国際派日本人』が話題になっています。

『世界が称賛する国際派日本人』は17名の人物にスポットを当てながら、日本人の業績、人となりが描いているそうです。

『世界が称賛する国際派日本人』は17名とは一体誰なんでしょう?そして著者である伊勢雅臣氏の47,000人愛読のメルマガについて調べてみました。
SPONSORED LINK



『世界が称賛する国際派日本人』は17名とは誰?

 

■第一章 現代社会で称賛されている国際派日本人

大村智教授 ー 四千万人を感染症から救ったノーベル賞化学者の志
近藤亨 ー 七十歳の誕生日にネパールへ旅立った現代の二宮尊徳
サマーワに架けた友情の架け橋 ー 自衛隊のイラク支援活動
皇太子殿下の祈り ー 世界の水問題に取り組む人々の連帯の「象徴」

■第二章 戦いに敗れし後も

今村均将軍 ー マッカーサーをも感動させた「責任をとる」生き方
敗者の贈り物 ー シンガポールの博物館を護った田中舘秀三博士
松尾まつ枝 ー オーストラリア国民を深く感動させた日本武人の母

■第三章 荒海での戦い

Father Nogi ー アメリカ人青年の眼に映った日本の軍神
サムライたちの広報外交 ー 米国メディアにおける日露戦争
樋口季一郎少将 ー 二万人のユダヤ人を救った「偉大なる人道主義者」
重光葵 ー 昭和天皇の大御心を体して激動の時代を支えた外交官

■第四章 一視同仁

仰げば尊し ー 伊沢修二と台湾教育の創始者たち
後藤新平 ー「生物学の法則」で台湾の成長を促した台湾「育ての親」
李方子妃 ー 日本の皇族から朝鮮の皇太子妃となった日韓の架け橋

■第五章 近代西洋文明への挑戦

南方熊楠 ー 大英帝国に挑んだ「最も博学で剛直無偏の日本人」
高峰譲吉 ー「飢えた人々の救済」を原点に活躍したサムライ化学者
明治天皇 ー 世界中の人々から称賛された変革の指導者

 

紹介されている17名には、誰でも知っている有名な方や、あまり知られていない方もいるようです。

でもどの人物にも共通することは、「己のために」「名を挙げたい」などの個人的な欲求から何かに取り組んでいるのではなく、「少しでも困っている人たちの力になりたい」という気持ちが行動に表れているということでしょう。

 

著者、伊勢雅臣氏のプロフィール

  • 創刊19年となる殿堂入りメールマガジン「国際派日本人養成講座」編集長。
  • いわゆる「クールジャパン」の草分け的存在として、明日の日本を背負う国際派日本人4万人を育てている。
  • 昭和28(1953)年東京生まれ。
  • 東京工業大学社会工学科卒。
  • 製造企業に就職。
  • 社員留学制度によりアメリカのカリフォルニア大学バークレー校に留学。
  • 工学修士、経営学修士(MBA)、経営学博士(Ph.D.)となる。
  • 社業のかたわら、日本国内の私立大学の商学部・工学部で非常勤講師として「産業界の偉人伝」を講義し人気を呼ぶ。
  • 平成22(2010)年、海外子会社の社長としてヨーロッパ赴任。
  • ドイツ、イギリス、フランス、イタリア、ポーランド、モロッコなどを多数訪問。
  • 平成26(2014)年、海外子会社の社長としてアメリカ赴任。
  • 現在も全米各地、カナダ、メキシコなどを飛び回っている。
  • 国民文化研究会会員。
    Twitter: https://twitter.com/ise_masaomi
    Facebook: https://www.facebook.com/ise.masaomi
    Blog 国際派日本人養成講座: http://blog.jog-net.jp/
    Face book page 国際派日本人養成講座: https://www.facebook.com/jog.page/

 

伊勢雅臣氏の動画

『世界が称賛する日本人が知らない日本』著者インタビュー

 

伊勢雅臣氏の47,000人愛読のメルマガとは?

著者、伊勢雅臣氏のメルマガの愛読者が47,000人いるそうです。

まぐまぐ公認の殿堂入りメルマガだというから、すごいですね!

どんなメルマガなのか気になりますよね?

伊勢雅臣のブログで紹介されているようです。

メルマガの登録は、伊勢雅臣のブログから行えるようです。

 

メルマガ名 : Japan on the Globe 国際派日本人養成講座
創刊日:1999-02-06
発行周期:週刊
Score!:97点

 

外国人が選んだ世界に影響を与えた日本人ベスト25

スポンサーリンク336

SPONSORED LINK

-, 経済