事件

【動画あり】神宮外苑「東京デザインウィーク」の火事の原因はおがくずに引火?

2016/11/08

6日午後5時15分ごろ、東京都新宿区霞ケ丘町で開かれていた屋外イベント「東京デザインウィーク」で、展示されていた木製のジャングルジムが焼け、
付近で東京都港区の男児(5)が死亡しているのが見つかった。焼死とみられる。男児の父親(43)と救助しようとした男性(40)もけがをして病院に運ばれた。

 

明治神宮外苑のイベントで火災 youtube動画

動画を貼っていたのですが、youtubeから削除されたようです。

動画に興味がある方はこちらからどうぞ YOUTUBE

警視庁四谷署によると、現場は明治神宮外苑近くのイベント会場。子どもたちが遊べるように展示物が開放されていた。
男児は焼けたジャングルジムで遊んでいたとみられる。
同署の説明では、ジャングルジムの下には、アートとしておがくずが敷かれ、ライトでジャングルジムが照らされていた。このおがくずから出火した可能性がある。

東京デザインウィークは、法人や大学が現代アートの作品を出展するイベントで、10月26日から開かれていた。昨年は計10万人以上が来場したという。

SPONSORED LINK



燃えたオブジェは日本工業大学の「素の家」という展示物

#shotoniphone7plus #iphone7plus #gettytdw2016 #tokyodesignweek2016 #tokyodesignweek #children #junglegym

Satoshi H aka ARCHさん(@satoshi_h_iphone)が投稿した写真 -

木製の枠組みにおがくず・・これは火がついたら一気に燃える展示物ですね。
火の気があったのでしょうか? 照明のライトが引火したのでしょうか?

【実験動画】白熱電球の熱で火災は起こるのか?

【追記です】

死亡した5歳の男の子の名前はけんと君

この火事で亡くなったのは、けんとくん(5)。
また、40代の男性2人がけがをして病院に運ばれましたが、意識はあったということです。
火事が起きた作品は人が中に入って遊べるようになっていて、「けんと」くんは中で遊んでいたということで、警視庁は作品の中や近くで遊んでいた人が火事に巻き込まれたとみて、火が出た当時の詳しい状況を調べているそうです。

 

展示物には案内係、危険性をチェックする体制を取っていた

今回のイベントを主催した「東京デザインウィーク」の事務局の1人がNHKの取材に対し次のように話しているそうです。

「火災が起きたのは『学校作品展』のエリアにある日本工業大学の展示作品で、作品名は『素の家』。大学としての公式の展示と認識している。事務局としては事前に下絵などを送ってもらい、危険性を伴わないかチェックしているが、結果として火災が出てしまった。

展示物には必ず出展者、今回で言えば、学生が案内係として近くに立っているほか、主催者側からも見回りをして、展示物が倒れてこないかなど危険性をチェックする体制を取っていた。火が出た経緯は責任者が消防などから話を聞かれているので私にはわからない」

おがくずに引火した原因は?

10月26日から行われていたイベントなのに、なぜ今日火事が起こったのでしょう?

白熱灯のライトで照らされていたそうですが、引火してしまったのでしょうか?

追記です

電球はLED電球だったそうです。LED電球は、熱を持ちにくい電球なのですが、木くず(おがくず)と長時間密着することで発火してしまったようです。

火災事故のあった日だけ、作業用の白熱電球を使用

さらに追記です

10月26日の開催からずっとLED電球で照らしていたそうですが、火災事故のあった日は、作業用の白熱電球をジャングルジム内で、照明として使ってしまったようです。業務上過失致死として警察の捜査が入るようです。

 

白熱電球の点灯後、30分~40分で火災が発生したそうです。

 

 日本工業大学に非難の嵐!

「東京デザインウィーク」に出展されたアート作品ということで、多くの人が今回の燃えたオブジェを、美大生の作品だと思ったようですが、制作したのは「日本工業大学」つまり理系の学生。どうして燃えやすいことに、気が付かなかったのかと非難されているようです。

 火災事故の後もイベントは続行されていた?

通常、死亡事故が起きれば主催者側は、イベントを中止するべきだと思うのですが、火災事故のあともイベントは続行されていたようです。
このことについて主催者側のモラルが問われているようです。

【実験動画】白熱電球の熱で火災は起こるのか?神宮外苑イベント事故

神宮外苑火災事故の日本工業大学の「素の家」は建築家作品のパクリ?

スポンサーリンク336

SPONSORED LINK

-事件