事件

【実験動画】白熱電球の熱で火災は起こるのか?神宮外苑イベント事故

2016/11/08

東京の明治神宮外苑のイベント会場で展示物のジャングルジムが焼け5歳の男の子が死亡した火事で、出展した大学生が「暗くなったので白熱電球を点灯させた」と話していることが新たに分かったそうです。

この火事は6日夕方、新宿区の明治神宮外苑で開催されていたイベント「東京デザインウィーク2016」の会場で展示物の木製のジャングルジムが焼けたものです。
SPONSORED LINK



暗くなったので白熱電球を誤って点灯させたことが原因

10月26日からの開催で、どうして11月6日だけ火災事故が起こったのか疑問でしたが、やはり白熱電球を使ってしまったことが原因のようです。
「素の家」という日本工業大学の展示物は、LED電球を照明に使っていたようです。しかし、火災事故の日、出展した大学生が気を利かせたのか作業用の白熱電球を灯したせいで、火災が起きたようです。

白熱電球の熱から木くずが発火、全体に燃え移った

「白熱球は木くずに接した状態で地面に置いていた」とも話している。木くずからオブジェに燃え移ったとの目撃情報があり、警視庁は7日午前から業務上過失致死傷容疑で現場を検証しているそうです。

白熱電球の熱で火災は起こるのか?(実験YOUTUBE動画)

学生判断で投光器を使用した?

ハタヤ(HATAYA) 500W型投光器(作業灯) 屋外用防雨型 コード5m RY-505

このような投光器を使ったのでしょうか?

 

【動画あり】神宮外苑「東京デザインウィーク」の火事の原因はおがくずに引火?

神宮外苑火災事故の日本工業大学の「素の家」は建築家作品のパクリ?

スポンサーリンク336

SPONSORED LINK

-事件