エンタメ テレビ

木嶋佳苗被告の本命の彼氏Sさんが気になる!獄中結婚した相手とは?

11月4日の金曜プレミアムは、追跡!平成オンナの大事件!です。

放送内容は▽独占スクープ!木嶋佳苗被告の素顔▽本命の彼氏と偽名「吉川桜」…裏磐梯で何が!?

首都圏連続不審死事件の木嶋佳苗被告(当時34歳)は、 婚活サイトで知り合った男たちから1億円以上の金を受け取り、男たちは不審な死を遂げる。

木嶋は3件の殺人、3件の詐欺、3件の詐欺未遂、1件の窃盗で起訴され、3件の殺人は無罪を主張、詐欺は一部を認め、窃盗は否認している。一審・二審で死刑判決。

現在は最高裁で上告中だ。そんな中、獄中結婚をした木嶋。 生まれた北海道別海町から付き合っていたとされる男性と遊びに行った裏磐梯までを追跡取材。また、注目を集めた100日裁判を完全ドラマ化し、素顔を浮き彫りにする。

木嶋佳苗被告の本命の彼氏Sさんって誰?

逮捕されるまで付き合っていた10歳ほど年上のSとは98年に知り合っています。恋人関係になったのは02年(佳苗28歳)からのようです。
Sに対しては吉川桜という偽名で、ヤマハのピアノ講師を名乗っています。父親は弁護士、母親は事業をやっていると詐称しています。大出嘉之さんから470万円をまきあげた際には「父親がイギリスにゴルフに行って成田に帰ってきた、2、3日都内で休んでから湯河原に戻る。父親からは400万円貰った。」と帯封付の現金の写真を付けてS宛にメールをしています。
つまり、「恋人」に対しても虚構の付き合いをしていました。あるいは、木嶋佳苗にとっては「恋人」というのは、単なる商売抜きのセックスの相手だったのかもしれません。

木嶋佳苗被告が獄中結婚した相手とは?

 交際していた男性3人を殺害したなどとして、一審、二審で死刑判決を受けている
(現在、上告中)木嶋佳苗被告(40)が、2015年3月初めに獄中結婚した。

 相手は、東京都内の不動産会社に勤めている60代のサラリーマン・Aさん。
支援者の1人だった人物だ。妻には先立たれ、木嶋被告とそれほど年齢の違わない息子と
娘がいる。あと、2~3年で定年を迎えるそうだが、スポーツ好きで「体を鍛えるのが趣味」
(木嶋被告談)、性格は明るく社交的らしい。

 2月の後半に出した婚姻届は、3月2日に認められ、東京拘置所では「木嶋」と
結婚後の姓のどちらを使っても不便がないように、3月10日に裁判所に認められた。

 Aさんとのなれそめは手紙。いかにも筆まめな木嶋被告らしいきっかけだった。
初めての手紙は、まだ木嶋被告がさいたま拘置支所にいた’13年に届いた。その後、
10回ほど手紙をやり取りして結婚。木嶋被告は、「妻」になってからは目に見える景色も
変わり、毎日がとても新鮮だという。

「独身時代には人ごとだったニュースも、夫と義理の息子や娘ができてからは、
主婦向けの情報さえ真剣に読むようになりました。こんなに心の平安を感じられるなら、
もっと早く結婚をすればよかったと思っています。喜怒哀楽の積み重ねで絆が強まり、
新しい家族となるプロセスを体感しています。これ以上の純愛ってないでしょう?」

 拘置されている東京拘置所で本誌記者との面会に応じた木嶋被告は、血色もよく、
元気そうな様子だった。最近は、結婚式の代わりとして木嶋家とAさんの家族を
引き合わせるために、もっぱら双方へ手紙を書いて過ごしているとか。

 また、Aさんには「なるべく週1で会いたい」と、面会に来てくれるように頼んでいる
そうだ。しかし働き盛りの夫は仕事が忙しく、「(週1ペースは)かなりきつい」と
こぼしているとのこと。彼は、結婚をして5キロやせたという。

 獄中にあっても、もちろん婚姻の自由はある。しかし、木嶋被告はいまだ
決着のついていない殺人事件の裁判の渦中にある身だ。被害者遺族の心情を
慮れば、不謹慎のそしりは免れないだろう。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150324-00010003-jisin-soci

スポンサーリンク336

SPONSORED LINK

-エンタメ, テレビ