訃報

ペギー葉山さん死去、死因やお別れ会は?

ペギー葉山

ドレミの歌」や「南国土佐を後にして」など知られる歌手のペギー葉山(ぺぎー・はやま)さんが12日午前11時55分、肺炎のため東京都内の病院で死去した。83歳。東京都出身。
3月29日に東京・日生劇場で行われた「越路吹雪 三十七回忌特別追悼公演 『越路吹雪に捧ぐ』」に参加し、
30日にはブログで報告し「こーちゃん(越路さん)の思い出の歌が次から次へとゴージャズに歌われ、ファンの皆さまが2階まで満杯!素晴らしいイベントでした」と元気な様子だったと言う。

ひらけ!ポンキッキ」のしつけコーナーや「ウルトラマンタロウ」のウルトラの母の人間体“緑のおばさん”などでお茶の間に親しまれた。66年にはNHK紅白歌合戦で紅組司会なども行っていた。


SPONSORED LINK

ペギー葉山 死因

死因は急性の肺炎であった

ペギー葉山 お別れ会

お別れ会は後日行われる模様でわかり次第、追記します。

ペギー葉山

父方・小鷹狩家の先祖は広島藩主・浅野家の家老職を勤めたこともある由緒ある家系。
また母方の祖父は白虎隊の生き残り

東京都新宿区出身。
青山学院女子高等部卒業。
渡辺弘とスター・ダスターズの三代目専属歌手として活躍
1952年11月にキングレコードから「ドミノ/火の接吻」を発売し、レコードデビュー
1958年、ミュージカル『あなたの為に歌うジョニー』で芸術祭個人奨励賞受賞。
1959年には「南国土佐を後にして」の空前の大ヒット
1960年8月ロサンゼルスでミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』を機に、
自身の作詞で同ミュージカルの劇中歌「ドレミの歌」をペギー自身の訳詞で紹介。
NHK「みんなのうた」でも使用され、音楽の教科書にも掲載される。
タレントとしてはNHK紅白歌合戦の紅組司会(1966年の「第17回NHK紅白歌合戦」)や
歌はともだち」(NHK)の司会
ひらけ!ポンキッキ」(フジテレビ)のしつけコーナー
ウルトラマンタロウ」のウルトラの母
など

ペギー葉山 夜明けのメロディー

ペギー葉山 おもいでの岬

この記事もよく読まれています

スポンサーリンク300

SPONSORED LINK


-訃報