エンタメ テレビ 話題のニュース

『かもめ』満島ひかり・田中圭・坂口健太郎の舞台が地上波で放送されます!

「かもめ」満島ひかり・田中圭・坂口健太郎

 

3月4日(土)午後2時からのEテレシアター(旧NHK教育テレビ)で、東京芸術劇場で上演された、アントン・チェーホフの代表作の舞台『かもめ』が放送されます。

19世紀末のロシア、湖畔の田舎屋敷を舞台に、女優を夢見る若い娘、その恋人で作家志望の青年、その母の大女優、その愛人の小説家らが織り成す群像劇です。

今期の話題のドラマ「カルテット」に出演中の満島ひかりさんや、同じく今期の人気ドラマ「東京タラレバ娘」に出演されている田中圭さん、坂口健太郎が登場します!特に坂口健太郎さんは、この「かもめ」初舞台でしたが、堂々とした演技で好演されているそうです。

 

舞台「かもめ」はどんな作品?

ロシアの作家、劇作家のアントン・チェーホフの戯曲。チェーホフの劇作家としての名声を揺るぎないものにした代表作であり、世界の演劇史の画期をなす記念碑的な作品だそうです。

後の『ワーニャ伯父さん』、『三人姉妹』、『桜の園』とともにチェーホフの四大戯曲と呼ばれています。

 

舞台「かもめ」のあらすじは?

大女優アルカージナが所有する田舎の別荘を舞台に、劇作家志望の息子トレープレフ、その恋人で女優志望のニーナ、別荘管理人の娘でトレープレフに想いを寄せるマーシャ、マーシャを慕う教員のメドヴェジェンコ、アルカージナと共に別荘に来た若い恋人で作家のトリゴーリンらが織り成す人間模様が描かれています。

 

舞台「かもめ」のキャストは?

ニーナ・・満島ひかり

トリゴーリン・・田中圭

トレープレフ・・坂口健太郎

メドヴェジェンコ・・渡辺大知(黒猫チェルシー)

ほかに、あめくみちこ、山路和弘、渡辺哲、小林勝也、中嶋朋子、佐藤オリエが名を連ねている。

 

舞台「かもめ」の演出家は?

演出を手掛けるのは熊林弘高(くまばやし ひろたか)氏。

昭和52年生まれ。福岡県出身。シアタープロジェクト・東京(TPT)に加入。
平成14年、ストリンドベリ作「火あそび」で演出家デビュー。
平成23年、ジャン・コクトー作「おそるべき親たち」で文化庁芸術祭賞(演劇部門)大賞、毎日芸術賞千田是也賞を受賞。

 

舞台「かもめ」の出演者のコメント

ニーナ役の満島ひかりさんのコメント

「チェーホフ劇はドラマティックな場面を切り出したものではなく、そうは言っても続いてゆく日常が描かれているので、隠されたドラマをみんなで共有して挑戦する稽古をしてきました。

ニーナは演劇や文学など華やかな世界に憧れ、功名心も隠さない。そこはかとなく底辺に流れている感情の起伏とか物事の感じやすさは自分とも重なります。

私の中にいるニーナをありったけ正直にかき集めて、果てしない表現世界を泳ぎまわれたらいいなと、高く理想はもっています。熊さんの演出は無限の可能性と、このメンバーだからこそ生まれる舞台への大きな夢をみせてくれます。まだまだ拙い力かもしれないけれど、この「かもめ」に自分の大切なものを捧げたいです。」

トリゴーリン役の田中圭さんのコメント

「チェーホフの戯曲を読むのは今回が初めてでした。てっきり、分かりやすい見せ場が続いていく、いわゆる“大芝居”かと思っていたので、淡々と時間が流れていく物語にびっくりしました。いくらでも深読みできてしまうけれど、それを表現することはとても難しい。

トリゴーリンは若い人たちの人生を狂わせますが、最初に読んだ時から、悪い人には思えなかったんですよね。「ただのバカ」と思えるフシもある(笑)。でも魅力的な男であるのは間違いない。

熊林さんを信じて、本を信じて、キャストの皆さんを信じて……あとは自分を信じるという一番苦手なことに挑みつつ、しっかりトリゴーリンという人間をつかんで初日の舞台に立っていたいです。」

トレープレフ役の坂口健太郎さんのコメント

「最初に戯曲を読んだ時は、正直言うと意味が分からなかったんです。でも何度も読むうちに、「こんなステキな本はない」と思い始めました。トレープレフは最初「悲しい男」という印象でしたが、実際に演じてみると、すごく幸せに感じる瞬間もあるんです。

その場で相手の呼吸を感じて演じたり、こんなにも肉体で表現できることがあるんだ!と感じる稽古場での体験は新鮮です。演出の熊林さんはすべてが見えている魔法使いのようですし、「演劇はこれだけ自由なんだよ」ということを教えていくれている気がします。

今は目の前に何百人もいる前で演技をするという状況の想像がつかないんです。でも不思議とそれが「コワい」感情はなく、楽しみのほうが大きいです。」

舞台「かもめ」のネットの反応は?

放送が間近になりましたので、ネットでも”期待のつぶやき”がチラホラ出ています。

まとめ

群像劇は見応えがあるので、Eテレシアターの放送が楽しみです! 放送終了後に感想などを更新したいと思います。

この記事もよく読まれています

スポンサーリンク300

SPONSORED LINK


-エンタメ, テレビ, 話題のニュース