エンタメ 気になる人

【ゲスノートの呪い】ほのかりん飲酒疑惑でNHK降板!ゲス川谷に関わると不幸に!

巷で囁かれている「デスノート」ならぬ、「ゲスノート」をご存知ですか?

これは、ベッキー不倫騒動で大きく注目を集めた「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(かわたにえのん)と関わった人物が大きなトラブルに巻き込まれていることから、マンガ「デスノート」に重ねて揶揄されています。

なんでも「ゲスノート」によればSMAP解散騒動もこの影響なのだとか。

そこで、ゲスノートに関わる噂をまとめてみました。

 

%e3%82%b2%e3%82%b9%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88

 

ベッキー、ゲス川谷との不倫騒動で10本あったCMはゼロ、仕事は休業に

一番のゲスノートの被害者はベッキーかもしれません。ゲス川谷との不倫で10本あったCMはゼロ。

好感度No.1から一気に転落し、未だに休業状態だぞうです。

(9/29付で ヌードを披露したそうです・・南無)

 

ゲス川谷の楽曲提供が発端? SMAP解散騒動へ

ゲス川谷はバンド楽曲の作詞、作曲を担当していますが、ゲスの極み乙女。以外にも、他のアーティストへ楽曲提供をしています。

そして、ゲス川谷はあの解散騒動で世間を騒がせたSMAPへも楽曲提供をしていたんです!

川谷が楽曲提供したのは、2014年9月に発売されたSMAPのアルバムの中で「アマノジャック」「好きよ」の2曲。

そして、2015年9月に発売された「愛が止まるまでは」この55枚目のシングルもゲス川谷による楽曲提供でした。

その数カ月後には、日本中を巻き込む、SMAP解散騒動が勃発しています。

 

ゲスの極み乙女の替え歌を口ずさんだ甘利経済再生大臣が辞任へ

 

ゲスの極み乙女の知名度をあげることとなったのは、2015年に放送されたコカ・コーラのCMソングではないでしょうか?

この曲「私以外私じゃないの」を、甘利経済再生大臣は、マイナンバー会見の時に替え歌を口ずさみました。

それから数カ月後の1月28日、週刊文春が報じていた収賄疑惑についての釈明会見を開き、金銭授受を認め、辞任を表明することに・・。

 

セカオワFukaseときゃりーぱみゅぱみゅが破局

 

Fukase 昨年交際していたきゃりーぱみゅぱみゅと川谷との集合写真がアップ。3カ月後に破局に・・。

 

 

新たなゲスノートの被害者は ほのかりん(19)

 

タレント、ベッキー(32)の不倫相手だった「ゲスの極み乙女。」のボーカル、川谷絵音(27)とNHK・Eテレ「Rの法則」に出演中のタレント、ほのかりん(19)の交際が明らかになった。29日発売の「週刊文春」が報じた。

2人が24日、友人らと栃木・鬼怒川温泉の高級旅館に宿泊した様子を紹介。今夏に東京都内のバーで出会い、交際が始まったという。

19歳、未成年のほのかりん、どうやらゲス川谷にかかわったせいで、飲酒疑惑が持ち上がり、NHKの「Rの法則」は降板になるそうです。

 

「ゲスノートの呪い」は実在する?

 

ベッキーは一時休業で糟糠の妻とは離婚。新しい恋人は番組降板と、いただけないサゲチンだと、ゲス川谷を各週刊誌は非難しているそうです。

 

 

ゲスノートに新たに名前を書き込まれるのは誰なんでしょう・・?

ゲスノートの呪い・・ 本当にありそうな気がしてきました!

 

 

スポンサーリンク336

SPONSORED LINK

-エンタメ, 気になる人