訃報

前衛的な映画監督の松本俊夫さんが死去、葬儀やお別れ会は?

映画監督の松本俊夫(まつもと・としお)さんが12日、腸閉塞(へいそく)のため亡くなった。

85歳だった。

映画監督の松本俊夫(まつもと・としお)さんは前衛的な作品で国内外に知られた。

葬儀は親族で行う。喪主は妻、洋子さん。

 

東大文学部を卒業後、企業のPR映画などを演出する一方で、前衛映画とドキュメンタリーを巡って多彩な評論活動を行う。

1969年、ピーターさん主演の「薔薇(ばら)の葬列」を発表

その後も、「修羅」「十六歳の戦争」「ドグラ・マグラ」など長編劇映画を発表

主な著作に「映像の発見」「幻視の美学」などがある。
松本 俊夫は、日本の映画監督、映像作家、映画理論家。愛知県名古屋市出身。

生年月日: 1932年3月25日 (85歳)
生まれ: 愛知県 名古屋市
学歴: 東京大学
書籍: 映像の発見: アヴァンギャルドとドキュメンタリー


SPONSORED LINK

松本俊夫(まつもと・としお)さん作品

短編映画
銀輪(1955年)12分
潜凾(1956年)20分
春を呼ぶ子ら(1959年)21分
300トン・トレーラー(1959年)26分
安保条約(1959年)18分
白い長い線の記録(1960年)12分
西陣(1961年)26分
母たち(1967年)37分
演劇
嘘もほんとも裏から見れば(1964年)劇団青俳
ラジオドラマ
黒い長い影の記録(1962年)TBSラジオ
テレビドラマ
傷だらけの夜(1962年)TBS
テレビ番組
石の詩(1963年)TBS
劇映画
薔薇の葬列(1969年)105分
修羅(1971年)134分
十六歳の戦争(1973年)94分
ドグラ・マグラ(1988年)109分
実験映画
つぶれかかった右眼のために(1968年)
マグネチック・スクランブル(1968年)
イコンのためのプロジェクション(1969年)
エクスタシス(1969年)
メタスタシス 新陳代謝(1971年)
アートマン(1975年)
気 Breathing(1980年)
著作
映像の発見(1963年)
表現の世界(1967年)
映像の変革(1972年)
幻視の美学(1976年)
映像の探究(1991年)
逸脱の映像(2013年)

 

 

この記事もよく読まれています

スポンサーリンク300

SPONSORED LINK


-訃報