エンタメ テレビ 気になる人

ユーミンが行列に初出演!千秋やホリケンや小林麻央との関係は?

歌手のユーミンこと松任谷由実(まつとうやゆみ)さんが、30日放送の日本テレビ系人気バラエティー番組『行列のできる法律相談所』(毎週日曜 後9:00)に初出演されます。バラエティーにはなかなか出ないユーミン、彼女と親交の深い友人たちによってその知られざる素顔が暴露されるようです!見逃せませんね!

%e3%81%b2%e3%81%aa%e5%a3%87%e3%81%ab%e5%ba%a7%e3%82%8b%e3%83%a6%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%81%93%e3%81%a8%e6%9d%be%e4%bb%bb%e8%b0%b7%e7%94%b1%e5%ae%9f

ひな壇に座るユーミンこと松任谷由実
SPONSORED LINK



ユーミンと親交の深い友人たちとは?

ビビる大木、ネプチューン・堀内健(ホリケン)

ビビる大木、堀内健(ホリケン)は、ユーミンから食事会に誘われたり、自宅に招待されたりする仲のようです。
特にホリケンには、めちゃくちゃ甘いようで、食事会に1時間の遅刻をしても、自宅でご主人の松任谷正隆さんに身体をマッサージさせるなどやりたい放題でも、ユーミンは怒ることなく、優しく見守っているとか!?何か理由があるのでしょうか?

 

千秋からユーミンへのクレームに登場した超大物芸能人Kとは?

ユーミンと千秋さんは、実は大の仲良しなんだそうです。千秋がデビューして間もない頃から交流があったそうです。千秋さんに娘ができてからは家族ぐるみでのお付き合いをしており、互いの家で会うことも多いとか。
千秋さんにとって松任谷家は”パワースポット”のように力が湧いてくる場所だと語っていました。ユーミンのお家は、流線型なんだとか・・凡人には想像が付かない家ですよね。

ユーミンの「手料理」もよくご馳走になっているそうです。(エシャロットやアボカドが入ったオシャレな手巻き寿司などが出てくるそうですよ)

そんな千秋さんがユーミンにクレームがあるそうなんです。ある時、ユーミンと同じ部屋に泊まって朝起きたら、大物芸能人のKさんがいたそうで、ものすごく緊張しながら、いっしょに朝食を食べたというエピソードのようなんですが、超大物芸能人のKさんって誰なんでしょう?放送が楽しみですね!

追記:なんと超大物芸能人Kとは 黒柳徹子さんでした!

 

いとうあさこさんからのクレームは?

6年前にユーミンが、いとうあさこさんにラジオ出演を、依頼したことがきっかけで親しくなったそうです。

誕生日には、ユーミンから「真珠のピアス」をプレゼントされたあさこさん。しかし、何年も前にピアスの穴が塞がっていたあさこさんは、無理やりピアスを付けて、ユーミンに披露したそうです。

ユーミンがラジオ番組がきっかけで作った高校の校歌とは?

瞳を閉じて

YOUTUBE

 

ユーミンが人生初のドッキリ仕掛け人にも挑戦!ハメられた芸人Kとは?

ユーミンは、2008年にブレイクした芸人Kを相手に、人生初のドッキリ仕掛け人にも挑戦するそうです。

全盛期には月収およそ400万円ある月もあったが、今は、十分の一に激減しロケバスのドライバーの仕事もしているというK。
ドライバーとして、荷物を一緒に運んでもらいたいと、Kをスタジオ脇に呼び出し…目の前に現れたユーミンにKはどんなリアクションをとるのかにも注目だ。

この芸人Kとは、どうやら天津木村(てんしんきむら)さんのようですね!
天津木村さんといえば、詩吟と下ネタを融合させた「エロ詩吟」で人気を博し、決め台詞の「あると思います」は2009年の「新語・流行語大賞」にノミネートされました。

最近では、テレビで見ることもなくなりましたが、干されてしまったのでしょうか?
調べてみると、エロ詩吟が詩吟界から批判され、自らは所属していた流派を除名され、詩吟の師範だった父も息子をかばって詩吟界から離れたそうです。

天津木村さん、大変だったんですね。行列では、久々にエロ詩吟を聞かせてくれるんでしょうか?

 

松任谷由実のfacebookには、「「行列のできる法律相談所」に出るので見てね。意外なゲストが飛び出すかも!?」と書かれてありました。意外なゲストって誰なのでしょう? 天津木村さんのことなのかな?

追記:やっぱり天津木村さんでしたね。久々のエロ詩吟、面白かったです。ユーミンともご対面場面は感動的でしたね!

 

 

乳がん闘病中の小林麻央が勇気づけられているユーミンの曲とは?

 

現在、乳がんの闘病中であるフリーアナウンサーの小林麻央がユーミンの歌に勇気づけられている、というエピソードも紹介されるようです。

小林麻央さんは、ユーミンの「やさしさに包まれたなら」が大好きで「『小さい頃は 神様がいて 不思議に夢を叶えてくれた やさしい気持ちで目覚めた朝は 大人になっても 奇蹟はおこるよ』朝の心に沁みる。。」という歌詞をブログに引用していたそうです。(こちらのページ

こちらはユーミンのライブ映像の「やさしさに包まれたなら」

これに対しユーミンは「シンガーソングライター冥利に尽きます。作ったときの気持ちや、歌った時の気持ちが届いて、とてもうれしいです」とコメントされたそうです。

ユーミンこと松任谷由実さんのプロフィール

 

%e6%9d%be%e4%bb%bb%e8%b0%b7-%e7%94%b1%e5%ae%9f
松任谷 由実 (まつとうやゆみ)
旧姓 荒井 由実(あらいゆみ)
別名 ユーミン(Yuming)
呉田軽穂(くれたかるほ)
(基本的に本人が歌わない前提の楽曲提供時に使われるペンネーム)
生誕 1954年1月19日(62歳)
出身地 東京都八王子市
学歴 立教女学院高等学校、多摩美術大学 美術学部絵画学科日本画専攻卒業
ジャンル フォークソング
ニューミュージック
ポップ・ミュージック
J-POP
職業 シンガーソングライター、作詞家、作曲家
担当楽器 ボーカル、ピアノ
活動期間 1972年 -
レーベル EMI Records・EXPRESS
(旧:EMIミュージック・ジャパン)
事務所 雲母社

twitter: https://twitter.com/yuming_official

facebook: https://ja-jp.facebook.com/yuming.official/

 

ユーミンこと松任谷由実さんの経歴

荒井由実時代

1954年1月、東京都八王子市で1912年から続く、老舗の呉服店・荒井呉服店で、三男二女の第四子(二女)として生まれ、6歳からピアノ、11歳から三味線、14歳からベースを始めた。

中学時代には、当時国内外の文化人が集まるサロン的存在だった港区麻布台3丁目(1969年まで麻布飯倉片町8番地の住所表記だった場所)のイタリアンレストラン「キャンティ」に出入りしており、またフィンガーズの追っかけもしていた。後に同レストランに集まったアーティストから、アルファレコードが生まれ、デビューのきっかけを作った。

14歳の時、プロとしての初めての仕事でスタジオでのピアノ演奏をした。以後、スタジオで演奏をしながらオリジナルの曲を書き、15歳で作詞家としてデビューし、1971年に17歳で作曲家としてデビューした、その作品は彼女を本格的なデビューへと誘った加橋かつみ(元ザ・タイガース)へ提供した「愛は突然に…」である。

染色の専攻を志し、1972年4月に多摩美術大学に入学。初めは作曲家志望だったが、アルファレコードを設立した村井邦彦の勧めで、同年7月5日にかまやつひろしがプロデュースしたシングル「返事はいらない」で荒井由実としてデビュー。しかし同シングルは300枚しか売れなかった。

1973年11月にファーストアルバム『ひこうき雲』を発売、TBSラジオの深夜放送番組『パックインミュージック』金曜日第2部を担当していたパーソナリティの林美雄の絶大な支持を受けて知名度が上がり、翌1974年より本格的にステージ活動を開始する。

2012年 - 2013年の特番と『SONGS』で、「立教女学院のパイプオルガン、プロコル・ハルムに強い衝撃を受けた」と語り[5][6]、確かに「ひこうき雲」はプロコルを髣髴とさせるメロディーラインを持っている。また「キーボードでのロック (音楽)ができるかもしれない」と思ったとも語っている。

1975年10月発売のシングル「あの日にかえりたい」(TBSドラマ『家庭の秘密』主題歌)が、初のオリコンチャート1位を獲得(それ以前にもバンバンへの提供曲の「『いちご白書』をもう一度」が1位を獲得している)、1976年のシングル年間ランキング第10位のヒットとなり、第一次ブームを迎える。

松任谷由実時代

1975年12月にアレンジャー・松任谷正隆と婚約、1976年11月29日に横浜山手教会にて結婚。本人は引退する考えだったが、専業主婦にはなりきれず結婚後の姓に変更して、松任谷由実の名で音楽活動を続行。

1978年から1983年はオリジナルアルバムを毎年2枚リリースするなど、ブレッド&バター、松田聖子、小林麻美などに楽曲提供をしながらもハイペースで曲を製作。「埠頭を渡る風」、「DESTINY」、「恋人がサンタクロース」、「カンナ8号線」、「真珠のピアス」、「ダンデライオン」などはこの頃作られた。また、リゾート地でのコンサートのスタイルをこの時期に確立。

1981年6月のシングル「守ってあげたい」が1981年のシングル年間ランキング第10位のヒットとなり、第二次ブームが到来。その年のアルバム『昨晩お会いしましょう』以降のオリジナルアルバムは17枚連続でオリコン1位を獲得、1987年のアルバム『ダイアモンドダストが消えぬまに』以降は9作連続のミリオンセラーを獲得。

彼女が始めた“見せる”ステージは1979年から始まり、本物の象が出た『OLIVE』・マジックを取り入れた『MAGICAL PUMPKIN』・エレベータを設置した『BROWN'S HOTEL』・噴水ショー『SURF & SNOW』・30mの竜に乗った『水の中のASIAへ』など年々エスカレート。億単位の金をかけ、内外の最新技術を積極的に取り入れた、コンサートの枠を超えた新たな一大エンターテイメントになっていった。当時のインタビューでも、「レコードで儲けた分、コンサートで夢と一緒にファンの方にお返しするのが役目」と語っていた。

当時人気の高かったスキーを題材にした映画『私をスキーに連れてって』(1987年)の主題歌と挿入曲を一手に担当し、「若者のカリスマ」、「恋愛の教祖」などと呼ばれた。「失恋」についてを歌い、彼女自身がライバルと評する中島みゆきの作風とは一線を画し、「中産階級の手に届く夢」を歌って、バブル景気に沸く時代の波に乗ったユーミンだったが、1990年代に入ると精神世界や民族的な音楽に着目。「満月のフォーチュン」「DAWN PURPLE」「真夏の夜の夢」「春よ、来い」「輪舞曲」などを生み出す。

1996年42歳の時、旧姓・荒井由実の名で活動を行う。セルフカバーシングル「まちぶせ」を発売。また、当時の仲間のミュージシャンを集めて、『Yumi Arai The Concert with old Friends』を開催した。このライブ・アルバム発売に伴い、年末リリースのアルバムが数か月遅れた。これ以降、日本の恒例行事とまで呼ばれたサイクル(冬のアルバム発売〜夏までツアー)が若干緩やかになったが、「カリスマはもういい。これからは好きな音楽をやる」と宣言した彼女は、以後も精力的に作品を制作。

ステージはますます大掛かりになり、1999年にはロシアのサーカスチームとコラボレートしたコンサート『シャングリラ』を開催。同コンサートは2003年に『シャングリラII』、2007年にはシリーズ最後を飾る『シャングリラIII』として開催された。『シャングリラ』3回の総制作費は120億円以上、観客動員数は100万人。

2010年代以降の楽曲提供

綾瀬はるか「マーガレット」(作詞:松本隆、作曲:呉田軽穂)
オルケスタ・デ・ラ・ルス「太陽と黒いバラ」(作詞作曲:松任谷由実)
坂本真綾「おかえりなさい」(作詞:坂本真綾、作曲:松任谷由実)
芦田愛菜「雨に願いを」(作詞作曲:松任谷由実)
Char「Night Flight」(作詞作曲:松任谷由実)
松田聖子「永遠のもっと果てまで」「惑星になりたい」(作詞:松本隆、作曲:呉田軽穂)
鈴木雅之「Melancholia」(作詞作曲:松任谷由実)

2011年春、NHK『SONGS』と組み、「春よ、来いプロジェクト」を展開。新たにレコーディングされた「(みんなの)春よ、来い」第1弾を5月に配信、11月には第2弾「(みんなの)春よ、来い 2011年秋編」、2012年3月には「(みんなの)春よ、来い 2012」を配信。収益の全てが被災地へ寄付された。

2013年春の叙勲で紫綬褒章受章。

2015年、石川県観光ブランドプロデューサーに就任。

2016年8月「ユーミン×ロフト」雑貨プロジェクト始動。10月中旬ごろからはロフト店頭でも販売される。

11月には映画「リトルプリンス 星の王子さまと私」日本語吹替版主題歌「気づかず過ぎた初恋(Extra Winter Version)」


映画「真田十勇士」主題歌「残火(のこりび)」
フジテレビ系ドラマ「Chef〜三ツ星の給食〜」主題歌「Smile for me」
三菱UFJニコス「MUFGカード スマート」CMソング「月までひとっ飛び」
ハウス食品「北海道シチュー」CMソング「あなたに会う旅」
小林麻美セルフカバー「GREY」などを含む38枚目のオリジナルアルバム『宇宙図書館(初回限定盤)(DVD付)』を11月2日に発売予定。

11月18日から2017年9月22日まで、全80公演にも及ぶコンサートツアー「宇宙図書館」が開催予定。恒例の苗場公演は2017年2月7日~20日、全8公演を予定。

出典:wikipedia

 

松任谷由実(ユーミン)のyoutube動画集

新しいものから懐かしい名曲まで全60曲の松任谷由実(ユーミン)のyoutube動画です。

  1. "Babies are popstars" Music Clip
  2. "Babies are popstars"
  3. "Laughter"
  4. "愛と遠い日の未来へ"
  5. "今だけを きみだけを"
  6. "雨に願いを"
  7. "Your Eyes Are Magic ~ 終止符をおしえて"
  8. "Discothèque"
  9. "Early Springtime"
  10. "夜明けの雲"
  11. "シャンソン"
  12. ひこうき雲
  13. 時をかける少女
  14. BLIZZARD
  15. リフレインが叫んでる
  16. ひこうき雲
  17. 翳りゆく部屋
  18. Sunny day Holiday
  19. 守ってあげたい
  20. やさしさに包まれたなら
  21. 卒業写真
  22. 中央フリーウェイ
  23. あの日にかえりたい
  24. 恋人がサンタクロース
  25. 春よ、来い
  26. ルージュの伝言
  27. Hello, my friend
  28. 真夏の夜の夢
  29. ANNIVERSARY
  30. 埠頭を渡る風
  31. ダンデライオン ~ 遅咲きのたんぽぽ
  32. SWEET DREAMS
  33. カンナ8号線
  34. 12月の雨
  35. 14番目の月
  36. DANG DANG
  37. 青春のリグレット
  38. シンデレラ・エクスプレス
  39. 青いエアメイル
  40. DESTINY
  41. ノーサイド
  42. 海を見ていた午後
  43. A HAPPY NEW YEAR
  44. 水の影
  45. DOWNTOWN BOY
  46. 真珠のピアス
  47. ベルベット・イースター
  48. わき役でいいから
  49. WANDERERS
  50. ダイアモンドダストが消えぬまに
  51. ガールフレンズ
  52. 魔法のくすり
  53. Happy Birthday to You ~ ヴィーナスの誕生
  54. acacia [アカシア]
  55. 哀しみのルート16
  56. ダンスのように抱き寄せたい
  57. 幸せになるために
  58. 松任谷由実 40周年記念ベストアルバム - 【速報】
  59. "MODÈLE"
  60. "Hey girl ! 近くても

 

おまけ レギュラー弁護士軍団の一番好きなユーミンの曲は?

北村弁護士の1番好きな曲 「少しだけ片思い」

菊池弁護士の1番好きな曲 「海を見ていた午後」

本村弁護士の1番好きな曲 「あの日に帰りたい」

 

ユーミンから弁護士軍団への質問

例えば自分の前に大きなアフロヘアの人がいて、コンサートがまったく見えない場合など。

Q:コンサートでステージが見えなかったら、チケット代は返してもらえるの?

A:返金されないそうです。

 

ユーミンの「宇宙図書館」コンサート・ツアー情報

2016年11月2日発売の38枚目オリジナルアルバム「宇宙図書館」を引っさげての同タイトルツアーの開催が決定。

11月18日神奈川・よこすか芸術劇場からスタートし、2017年9月22日の東京国際フォーラムまで、合計42都市80本、自己最長、最多本数の超ロングランツアーだそうです。

 

2016年11月公演スケジュール

18(金) よこすか芸術劇場 18:30 よこすか芸術劇場
19(土) よこすか芸術劇場 18:00 よこすか芸術劇場
24(木) コラニー文化ホール(山梨県立県民文化ホール) 18:30 ホットスタッフプロモーション

2016年12月公演スケジュール

1(木) ソニックシティ(大宮) 18:30 ホットスタッフプロモーション
9(金) 新潟県民会館 18:30 キョードー北陸
10(土) 新潟県民会館 17:30 キョードー北陸
12(月) 桐生市市民文化会館シルクホール(群馬) 18:30 桐生音協
20(火) フェスティバルホール 19:00 キョードー大阪
21(水) フェスティバルホール 19:00 キョードー大阪
25(日) 周南市文化会館(山口) 18:00 CANDY広島
27(火) 広島文化学園HBGホール 18:30 TSS事業部
28(水) 広島文化学園HBGホール 18:30 TSS事業部

2017年3月公演スケジュール

1(水) 名古屋センチュリーホール 18:30 サンデーフォークプロモーション
2(木) 名古屋センチュリーホール 18:30 サンデーフォークプロモーション
4(土) 名古屋センチュリーホール 18:00 サンデーフォークプロモーション
5(日) 名古屋センチュリーホール 17:30 サンデーフォークプロモーション
9(木) 鹿児島市民文化第一ホール 18:30 キョードー西日本
11(土) 福岡サンパレス 18:00 キョードー西日本
12(日) 福岡サンパレス 17:30 キョードー西日本
15(水) iichiko総合文化センター(大分) 18:30 キョードー西日本
21(火) 神奈川県民ホール 18:30 キョードー横浜
22(水) 神奈川県民ホール 18:30 キョードー横浜
24(金) 神奈川県民ホール 18:30 キョードー横浜
25(土) 神奈川県民ホール 17:30 キョードー横浜
29(水) 鳴門市文化会館【追加発表】 18:30 デューク高松

2017年4月公演スケジュール

1(土) ひめぎんホール(愛媛) 18:00 デューク松山
3(月) レクザムホール(香川県県民ホール) 18:30 デューク高松
6(木) 高知県立県民文化ホール 18:30 デューク高知
7(金) 高知県立県民文化ホール 18:30 デューク高知
11(火) ロームシアター京都 18:30 サウンドクリエーター
12(水) ロームシアター京都 18:30 サウンドクリエーター
15(土) 神戸国際会館 18:00 サウンドクリエーター
16(日) 神戸国際会館 17:30 サウンドクリエーター
21(金) 市川市文化会館 18:30 ホットスタッフプロモーション
25(火) 東京国際フォーラムホールA 19:00 キョードー東京
26(水) 東京国際フォーラムホールA 19:00 キョードー東京

2017年5月公演スケジュール

10(水) 郡山市民文化センター 18:30 キョードー東北
12(金) 宇都宮市文化会館 18:30 ホットスタッフプロモーション
16(火) 東京国際フォーラムホールA 19:00 キョードー東京
17(水) 東京国際フォーラムホールA 19:00 キョードー東京
21(日) オリンパスホール八王子 18:00 ホットスタッフプロモーション
24(水) フェスティバルホール(大阪) 19:00 キョードー大阪
25(木) フェスティバルホール(大阪) 19:00 キョードー大阪
27(土) フェスティバルホール(大阪) 18:00 キョードー大阪
28(日) フェスティバルホール(大阪) 18:00 キョードー大阪
30(火) 和歌山県民文化会館【追加発表】 18:30 サウンドクリエーター

2017年6月公演スケジュール

3(土) ニトリ文化ホール(札幌) 18:30 WESS
4(日) ニトリ文化ホール(札幌) 17:30 WESS
7(水) 釧路市民文化会館大ホール 18:30 WESS
10(土) 岩手県民会館 18:00 キョードー東北
11(日) 岩手県民会館 17:30 キョードー東北
13(火) リンクステーションホール青森 18:30 キョードー東北
15(木) 仙台サンプラザホール 18:30 キョードー東北
16(金) 仙台サンプラザホール 18:30 キョードー東北
24(土) 福岡サンパレス 18:00 キョードー西日本
25(日) 福岡サンパレス 17:30 キョードー西日本
28(水) 長崎ブリックホール 18:30 キョードー西日本
30(金) 宮崎市民文化ホール 18:30 キョードー西日本

2017年7月公演スケジュール

4(火) 沖縄コンベンションセンター 19:00 キョードー西日本
5(水) 沖縄コンベンションセンター 19:00 キョードー西日本
10(月) 倉敷市民会館 18:30 CANDY岡山
12(水) 広島文化学園HBGホール 18:30 TSS事業部
15(土) とりぎん文化会館(鳥取県立県民文化会館) 18:00 CANDY岡山
18(火) 東京国際フォーラムホールA 19:00 キョードー東京
19(水) 東京国際フォーラムホールA 19:00 キョードー東京
29(土) 名古屋センチュリーホール 18:00 サンデーフォークプロモーション
30(日) 名古屋センチュリーホール 17:30 サンデーフォークプロモーション

2017年8月公演スケジュール

4(金) 三重県文化会館大ホール 18:30 サンデーフォークプロモーション
6(日) 長良川国際会議場(岐阜) 17:30 サンデーフォークプロモーション
9(水) 富山オーバードホール【追加発表】 18:30 キョードー北陸
23(水) ロームシアター京都 18:30 サウンドクリエーター
25(金) フェスティバルホール(大阪) 19:00 キョードー大阪
26(土) フェスティバルホール(大阪) 18:00 キョードー大阪
29(火) 浜松アクトシティ 18:30 エンボス

2017年9月公演スケジュール

11(月) 福井フェニックスプラザ【追加発表】 18:30 キョードー北陸
13(水) ホクト文化ホール(長野県県民文化会館)【追加発表】 18:30 キョードー北陸
16(土) 本多の森ホール(金沢) 18:00 キョードー北陸
17(日) 本多の森ホール(金沢) 17:30 キョードー北陸
21(木) 東京国際フォーラムホールA 19:00 キョードー東京
22(金) 東京国際フォーラムホールA 19:00 キョードー東京

出典:http://yuming-kobe.com/16tour/2016tour_tourlist.html

 

まとめ

ユーミン、62歳なんですよね。でも全く年齢を感じさせない!本当に素敵な方ですね!
学生時代によく聴いていたので、今でも曲を聴くと当時の出来事が思い出されます。
コンサート・ツアー、久しぶりに行ってみたくなりました♪

スポンサーリンク336

SPONSORED LINK

-エンタメ, テレビ, 気になる人