事件・事故 話題のニュース

証明写真機のカーテンを100枚も盗んだ石井孝和容疑者の動機や理由は?

2017/02/04

世の中、いろんなフェチの人がいますが、この犯人はカーテンフェチだったんでしょうか?
証明写真機のカーテンを盗んだとして、岐阜県警多治見署は、中日新聞販売所アルバイト石井孝和容疑者(69)を窃盗容疑で逮捕したそうです。

証明写真機のカーテンを100枚盗んだ理由とは?

証明写真のカーテンを100枚も集めてどうするつもりだったのでしょう?

証明写真機のカーテンを100枚盗んだ石井孝和容疑者とは?

石井孝和(いしいたかかず)容疑者は、岐阜県土岐市泉町久尻に住んでいる69歳。
中日新聞販売所で配達アルバイトをしていました。

逮捕に至った経緯は、2015年6月ごろから瑞浪、土岐、多治見の近隣3市で同様の被害が相次ぎ、被害を受けた業者が防犯カメラを設置したところ、石井孝和容疑者の犯行の様子が撮影されていたそうです。

石井孝和容疑者の経歴や家族構成など詳しい情報はまだ公開されていないようです。


SPONSORED LINK

被害にあった証明写真機の設置場所は?

岐阜県警多治見署によると、石井孝和容疑者は昨年9月19日未明、岐阜県瑞浪市内の書店の屋外に設置された証明写真機のカーテン(幅約70センチ、長さ約120センチ、5千円相当)を刃物で切断し、盗んだ疑いがあるそうです。

被害にあった書店は、どうやら三洋堂書店瑞浪中央店のようです。

新聞配達の合間に立ち寄って犯行に至ったのでしょうか?

瑞浪、土岐、多治見の近隣3市で同様の被害が相次いだそうです。
この証明写真機、至る所に設置されているようなものではないので、もしかしたら同じ場所で何度も被害にあっていたのかもしれませんね。

証明写真機のカーテンを100枚盗んだ動機や理由は?

この窃盗事件の世の中の関心は、どうして証明写真機のカーテンを100枚も盗んだのか?コレに尽きると思います。
なぜ証明写真機のカーテンだったのでしょう?何のために盗む必要があったのでしょう?

犯行動機や理由が解明されましたら、追記したいと思います。

 

盗んだカーテンは部屋の中に無造作に置かれていた

2月3日にJ-CASTニュース(http://www.j-cast.com/)の取材で明らかになったこととは?

多治見署の副署長は2月3日、J-CASTニュースの取材に対し、家宅捜索したとき、カーテンは男の部屋の中に無造作に置かれていたと明かしたが、様々な可能性があるとして、動機について捜査中だとしている。

 

石井孝和容疑者の家族のコメント

男の家族は、「カーテンのことは、私にはまったく分かりません。いろいろな物が置かれていた汚い部屋でしたので、私は入りませんでした。警察の方が見えて、そのようなものがあるのを初めて知りました」と取材に答えた。

この家族とは、石井孝和容疑者の奥様でしょうか?

まさか夫が、証明写真機のカーテンをコレクションしているとは、思いもしなかったでしょうね。

無言のまま小刀のようなもので切って持ち去る

書店の証明写真機に防犯カメラを付けた日本オート・フォートの名古屋支店は、犯行状況について、高齢の犯人がわずか数秒間で、カーテンを小刀のようなものでレールのそばから切っていたと取材に明かした。その間、男は無言だったという。

数秒で仕事を終えていたとは、さすがに100枚もコレクションしているだけに手際がいいですね。

石井孝和容疑者は無言だったそうです。ま、何か話しながら切って持ち去る方が怖いですよね・・。

 

石井孝和容疑者はカーテンフェチ?ネットの反応

動機が早く知りたいですよね。

私もこの事件をはじめて聞いたとき、吹き出しそうになりました。

かなり珍しい窃盗事件なのでワイドショーのネタにされそうですよね。

 

まとめ

事件の続報が気になりますね!
いろいろと解明されてから追記したいと思います。

この記事もよく読まれています

スポンサーリンク300

SPONSORED LINK


-事件・事故, 話題のニュース