テレビ 人生の楽園

岐阜・下呂市の工房「山おやじ」の場所や塩釉焼きの陶芸体験について【人生の楽園】

2017年2月4日放送の人生の楽園は「岐阜・下呂市 ~ 親父ひとりの薪窯工房 ~」温泉地で知られる岐阜県下呂市が舞台。

人生の楽園 山おやじで陶芸体験

50歳を過ぎてから陶芸に魅せられ、趣味の工房「山おやじ」を構え、愛犬・ラッキー(14歳)とともに山里暮らしを楽しんでいる、長谷川廣行さん(66歳)が主人公です。


SPONSORED LINK

親父ひとりの薪窯工房「山おやじ」が出来るまで

今回の主人公、長谷川廣行さんは岐阜県美濃加茂市出身の66歳。
自動車の板金工をしていた廣行さんの趣味は渓流釣りで、若い頃は車で寝泊まりしながら釣りを楽しむほどだったそうです。

 

廣行さんは50代になると、釣り場の近くにセカンドハウスが欲しくなり、53歳の時に下呂市の山間の集落に古民家を購入。
週末になると釣り仲間が集まるようになり、手料理でもてなしていたそうです。

 

仲間に手料理を褒められ、今度は料理を盛り付ける器に凝り出し、自分でも器を作りたいと58歳で陶芸を習い始めます。
そして遂には陶芸用の薪窯(まきがま)も自分で作ってしまいました。

 

窯の完成を機に自動車板金工を引退。山里で趣味の陶芸を楽しみたいと、2013年に下呂市で単身生活を始めました。
3歳年下の妻の美知子さんは仕事があるため、岐阜県可児市の自宅で暮らし、月に1、2度様子を見にやってくるそうです。

 

塩釉(えんゆう)焼きと呼ばれるドイツ発祥の技法とは?

廣行さんの陶芸は、釉薬(ゆうやく)の代わりに食塩を使う「塩釉(えんゆう)焼き」と呼ばれるドイツ発祥の技法です。
塩釉焼きは12世紀頃ドイツで生まれ、日本には1950年代に伝わったといわれているそうです。

 

焼成中、窯の中に塩を入れてソーダがラスの質の層を生じさせ、自然釉(しぜんゆう)がかかったような効果が出ます。
また窯が高温になることで塩の蒸気が発生し、作品の表面がガラス状の被膜で覆われるため、液体を入れる器(ビールジョッキ)などに最適だそうです。

 

廣行さんは、成形した土が乾いたら塩を塗り、再び2週間ほど乾燥させてから窯に入れ、1100度を超える高温で33時間ほど焼いて完成させているようです。
「2カ月に1度の窯焚きは“祭り”! 窯に入れた位置や火の加減で、作品にさまざまな表情が生まれるのが薪窯の魅力だ」と廣行さんは語っています。

 

工房「山おやじ」で作った作品はなんと4000個以上

ろくろを設置した陶芸部屋は、かつて養蚕に使われていたという自宅の2階。
工房を始めて4年、廣行さんがつくった作品は4000個以上。あくまでも趣味なので工房を訪ねて来た人などにプレゼントされているそうです。

 

工房「山おやじ」の場所は岐阜県下呂市のどこ?

現在、調査中です。

 

工房「山おやじ」の陶芸体験について

工房「山おやじ」で陶芸を習いたいという人が集まるようになり、陶芸体験も行われているようです。
陶芸体験で作られた作品は2ヵ月に1度行われる窯焚きで、薪窯に入れ焼くそうです。

その為、作品が完成するまで最長で2ヶ月待つことになるかもしれません。

 

気になる陶芸体験の料金は?

体験料は、使った土代とろくろの使用料100円のみだそうです。
とてもリーズナブルですね。

 

岐阜県下呂市の観光

  • 下呂温泉は1000年の歴史を持ち、「日本三名泉」「美人の湯」としても有名です。
  • 有馬、草津とともに「天下の三名泉」と称され、無色透明でほんのりとした湯の香りがあり、実になめらかな肌ざわりの温泉です。
  • 春は、県指定天然記念物で樹齢400年の桜や下呂大橋の桜並木のライトアップなども楽しめます。
  • 秋は、下呂温泉合掌村、湯のまち雨情公園、中山七里、温泉寺など紅葉スポット数多くあるそうです。

まとめ

陶芸体験は面白そうですね。近くにこんな工房があればぜひ行ってみたいです!

趣味が高じて陶芸用の薪窯まで作ってしまうなんて凄いと思います。
山里の古民家で一人気ままに趣味に没頭されていて、羨ましく思いました。

こういう生活もいいですね~。

この記事もよく読まれています

スポンサーリンク300

SPONSORED LINK


-テレビ, 人生の楽園