テレビ 人生の楽園

和歌山 カフェてんてこまい天手古舞とギター工房あんちゅうもさく暗中模索の意味!人生の楽園

和歌山県和歌山市のカフェとギター工房のお店

こちらのお店を開いているのは、山本和哉さん(61歳)と三須珠さん(52歳)さん。

ご主人はビートルズに憧れバンドを組み小学校の先生の経験をもつご主人。

奥様は同じ学校で事務の仕事をしていた三須珠さん。
和哉さんがギター工房を始めたきっかけは、授業で児童とカヌーを手作りしたことがはじまりだとか。

洋書などを参考に、独学でギター製作を始めたそうです。

いっぽう、奥様は、手作りの料理などを出すカフェをやりたいという夢があり

その夢を形にしたのが、ギター工房とカフェを併設したお店なのだそうです。

お店は「カフェ 天手古舞」と「ギター工房 暗中模索」と言うそうです。

ご夫婦の2つの趣味を1つのお店でやれるなんて素敵ですね。

 

なにを隠そう私もビートルズが大好きでアルバムは全て持っています。

限定のこんなものも持っています。


ビートルズ全213曲 人気投票ランキング ←おすすめサイト


SPONSORED LINK

お店は「カフェ 天手古舞」と「ギター工房 暗中模索」

こちらの看板もご主人の手造りでしょうか。

ギターの材料の木を使ってるのでしょうね。お洒落です。

「カフェ 天手古舞」と「ギター工房 暗中模索」の場所

お店 カフェ 天手古舞てんてこまい
ギター工房 暗中模索あんちゅうもさく
住所:〒6410006 和歌山県和歌山市 中島395-16

アクセス:JR紀勢本線和歌山駅から4km、宮前駅から1.5km
営業時間:11:00~17:00 定休日:月火曜日
電話番号:073-460-0846
メニュー:ランチ1000円、タコライス800円


SPONSORED LINK

暗中模索 あんちゅうもさく 意味

手がかりのないまま、あれこれとやってみること。

暗闇くらやみの中で、手探りをして求める意から。

言葉の由来は中国の「隋唐嘉話(ずいとうかわ)」の故事(唐の国の許敬宗という政治家に対する「有名人に会ったら、暗闇を探ってでも彼らを知りたくなるだろう」という忠告)に由来するそうです。

許敬宗性軽傲、見人多忘之。或謂其不聡。曰『卿自難記、若遇何・劉・沈・謝、暗中摸索者亦可識之。』

天手古舞 てんてこまい 意味

てんてこまい

「てんてこ」は里神楽などの太鼓の音でその音に合わせた舞が語源

休む暇もなく、忙しく動き回ること。

にたような言葉できりきりまいと言うものもある

きりきりまい

こちらはコマのくるくる回る様子からきているようで

片足を上げて勢いよくからだを回すことから。

慌ただしく立ち働くことなのだそうだ。

意味だどちらも同じ意味のようです。

まとめ

流石、学校の先生とあってお店の名前もどちらも四文字熟語。

国語の先生だったのでしょうか

この記事もよく読まれています

スポンサーリンク300

SPONSORED LINK


-テレビ, 人生の楽園