事件・事故

病院に突っ込んだタクシー事故直前300mのナゾ!プリウスに不具合?

2016/12/21

福岡市博多区の原三信病院にタクシーが突っ込み男女10人が死傷した事故で、逮捕されたタクシー運転手の男が、「200メートルくらい前からブレーキがきかなかった」と供述していることが新たにわかりました。

3日、福岡市博多区の原三信病院にタクシーが突っ込んだ事故では、巻き込まれた男女10人のうち、花田盛幸さん(44)と妻の美佐代さん(44)、遠藤一行さん(53)の3人が死亡したほか、20代の女性1人が意識不明の重体となっています。

タクシーは、病院の50メートルほど手前から暴走したとみられていますが、逮捕された個人タクシー運転手の松岡龍生容疑者(64)が、タクシーが交差点の一時停止の標識を無視して走行していたという目撃情報もあり、警察が、当時、車両に不具合がなかったかも含めて、慎重に捜査を進めているそうです。

SPONSORED LINK

【福岡タクシー突っ込み】事故直前にアクセル踏む?EDRの解析で原因が判明

病院に突っ込んだタクシー事故 死傷者10人の大惨事

亡くなった花田さん夫妻は、小学2年生の一人娘を連れ、遠藤さんのお見舞いに来ていたそうです。
事故は、娘さんの目の前で起こったそうです。お父さん、お母さんと泣き叫ぶ女の子を、看護師は抱きしめていたそうです。

なぜ、こんな痛ましい事故が起こったのでしょうか?

松岡容疑者の行動が明らかに

事故の直前に松岡容疑者は、公園のトイレに立ち寄っていることがわかりました。
そして、公園から事故現場までは約300m、途中には交差点もあります。

目撃者の話によると、事故現場の50m手前の交差点の辺りから、急に加速したそうです。

博多タクシー暴走事故

 

松岡容疑者の供述とは?

「ブレーキを踏みましたが、車が止まらなかったので、ギアを変えてエンジンブレーキをかけようとしましたが、減速しなかつたので病院に突っ込んでしまった」

その後、「200メートルくらい前からブレーキがきかなかった」と、供述しています。

 

アルコールや薬物も検出されず、最近事故が多い高齢ドライバーでもない64歳の容疑者。

事故直後の供述も、あやふやなところはなく、意識もハッキリしていたようです。

 

松岡容疑者とはどんな人物?

  • 個人タクシーをしている松岡容疑者は、業務歴約35年のベテラン運転手。
  • 加盟する個人タクシーの組合によると、法令で定められている点検をきちんとしていて、問題のある事業者ではなかったようです。
  • 松岡容疑者の次男は、事故をしたこともなく、体調にも問題はなかったと話しています。
  • 警察はタクシーのドライブレコーダーや周辺の防犯カメラの映像の解析を急いでいるそうです。
  • 死傷者10人という取り返しのつかない大事故は何故起きたのでしょうか?

 

病院に突っ込んだタクシー 事故直前300mのナゾとは?

博多タクシー暴走事故の原因は?

  • 本当にブレーキが効かなかったのか?
  • ブレーキが効かなったとしても、プロの運転手なら人ごみを避けれたのでは?
  • なぜ本館側にハンドルを切らずに、東館のラウンジへ突っ込んだのか?
  • なぜクラクションを鳴らさなかったのか?
  • 車両は過去に「リコール対象」になっていたプリウス、ブレーキに不具合?
  • ブレーキとアクセルの踏み間違えではないのか?

 

プリウスのブレーキに不具合が?

松岡容疑者のタクシーはトヨタのハイブリッド車「プリウス」で、同社は2010年2月や13年6月にブレーキに不具合があるとしてリコールを届け出たことがあるそうです。

松岡容疑者は「ブレーキが利かなかった」と供述しているというが、タクシーは道路運送車両法に基づいて3カ月に1度の点検が義務づけられており、事故現場近くでタクシーを止めていた男性運転手(58)は「ブレーキが利かないとは信じられない」と話したそうです。

ブレーキとアクセルの踏み間違いでなく、プリウスのブレーキの不具合だとしたら大問題ですよね。

ドライブレコーダーの解析など、警察の見解が早く知りたいですね。

【ペダルの見張り番】踏み間違い防止装置の取付け方や値段は?動画あり

 

事故のタクシーは、イベントデータレコーダー搭載車

事故を起こしたタクシーには、ブレーキやアクセルなどが作動した状況を記録する「イベントデータレコーダー」という運転記録装置が搭載されていることがわかりました。

警察はデータを分析して、どのような運転が行われたか調べるそうです。原因究明まで、もう少しかかりそうですね。

【福岡タクシー突っ込み】事故直前にアクセル踏む?EDRの解析で原因が判明

 

プリウスのブレーキに関する不具合やリコールについて

  • 2010年2月2日には日本国内でZVW30型プリウスのブレーキに関する不具合が13件、国土交通省に、アメリカで102件寄せられていたことが明らかになった。
  • その後の調査により不具合の原因はABSであることが判明したが、不具合はリコールの基準に達していなかった。
  • なお2010年1月末以降の生産車にはコンピュータのソフトウェア変更が行われ、それ以前の販売分についても改良が検討された。
  • 2月5日には国土交通省が独自調査に乗り出すと発表、翌2月6日には同車約20万台の日本国内でのリコールが発表された。
  • 同2月9日にはプリウス20万台と共に、同車とブレーキシステムを共有しているプリウスプラグインハイブリッド、SAIおよびレクサス・HS250hのリコールを国土交通省に届け出た。
  • また、トヨタ自動車九州で製造されるSAIおよびHS250hについては改修の準備が整わないため、2月13日から同月20日まで生産が停止された。

 

事故現場の原三信病院の場所は?

 

住所: 福岡県福岡市博多区博多区大博町1−8

 

二重に敷かれたマットがずれ、アクセルが押された可能性

追記です

12月9日、福岡県警は、上部のマットがずれてアクセルペダルを押さえ込む形となった結果、タクシーが暴走した可能性もあるとみて慎重に捜査しているそうです。

タクシーの運転席の足下には、備え付けのマットの上に別のマットが重ねて敷かれていた。2枚はメーカーの純正品と市販の社外品で、上に敷かれたマットは特に固定されていなかったという。

 

福岡タクシー事故の原因はフロアマット

出典:http://headlines.yahoo.co.jp/

画像を見ると一目瞭然ですね。このマットが事故の原因なのでしょうか?

フロアマットを固定せずに重ね敷きするなど、不適切にフロアマットを使用すると、アクセルペダルがフロアマットに引っかかり車の急加速に繋がる不具合が発生することがあります。(国土交通省のHPより

 

 

【福岡タクシー暴走】プリウスのブレーキの真相は?パニック状態で縁石乗上げ事故に

 

 

くりぃむ有田哲平が結婚!3億円豪邸に住むお相手は高橋ひとみ似の一般女性!

 

この記事もよく読まれています

スポンサーリンク300

SPONSORED LINK


-事件・事故