事件・事故

ASKAさん不起訴で釈放!尿鑑定に提出したのはお茶?ギブハブは存在するのか

東京地検は19日、覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕された歌手のASKAさん(58)=本名・宮崎重明=を不起訴処分とした。

 ASKAさんは11月、東京都内などで覚せい剤を使ったとして、警視庁に逮捕されていた。
11月30日から勾留され、10日からさらに10日間延長していたが、期限となるこの日までに起訴する証拠がそろわなかったと見られる。
 

ASKA元被告は2014年9月、同法違反と麻薬取締法違反の罪で懲役3年、執行猶予4年の判決を受け、執行猶予中。

ASKA元被告は今月25日夜、「盗撮、盗聴されている」などと自ら110番通報したということです。言動に不明な点があることから、警視庁で薬物の尿検査をしていました。


SPONSORED LINK

ASKAさんが不起訴になった理由とは?

・尿検査で自宅で採取した尿にお茶の成分が入っていて証拠にならない。
・お茶の成分と処方薬混ざると覚醒剤反応が出る場合があるので証拠にならない。
・毛髪鑑定でシロ、常習性無しと判断。
・所持も立証できないので絶対に勝てないので不起訴

ASKAさん採尿カップにお茶をいれて尿検査!?

自宅でASKAさんが採尿をする際、どうやら捜査員の目を盗んで採尿コップにお茶を入れたようです。
警察と奥様が、自宅でアスカの背後から採尿するのを見ていたそうですが、手元まで見ていなかったそうです。

ASKAさんは、なぜ採尿カップにお茶を入れたのでしょう?
警察の罠にハメられると、察知したのでしょうか?

ASKAさんが恐れるギブハブは存在するのか?

ASKAさんの恐れるギブハブとは?

報道番組「ミヤネ屋」の電話取材ではこう話されていました。

「【ギブハブ】という組織があり、AR(仮想現実)で僕の事を映したりして200m四方までズームで追えるソフトで携帯にアプリが埋め込まれていた。
証拠もあり今の日本では多くの人がこういう事をやられており、僕がそれに初めに気付いた。」

ASKAさん、音楽活動再開か?

音楽活動への復帰へ強い意志をのぞかせ、11月27日には12月末に動画サイトで新曲を発表することなどを明かしていた。

ASKAさんのプロフィール

ASKA大勝利!
ASKA(あすか)

本名・宮崎重明
1958年2月24日、福岡県生まれ。58歳。

78年、高校時代の友人・チャゲ(現在はChage)とともに「飛鳥涼」の名でヤマハポピュラーソングコンテストに出場。
翌年「チャゲ&飛鳥」としてシングル「ひとり咲き」でデビュー。
91年、「SAY YES」がフジテレビ系「101回目のプロポーズ」の主題歌となり初のミリオンセラー。
代表曲に「YAH YAH YAH」(93年)など。
ソロでも91年に「はじまりはいつも雨」がヒットした。

新しい情報が入り次第、更新いたします!

この記事もよく読まれています

スポンサーリンク300

SPONSORED LINK


-事件・事故