訃報

小川宏さんが90歳で死去|ギネス認定名司会者のお別れの会はいつ?

フジテレビ「小川宏ショー」などで知られた名司会者でフリーアナウンサーの小川宏(おがわひろし)さんが11月29日に多臓器不全で亡くなっていたことが5日、分かったそうです。90歳でした。

小川宏


SPONSORED LINK

小川宏さんのプロフィール

出身地 東京府東京市(現・東京都墨田区)
生年月日 1926年4月17日
没年月日 2016年11月29日
最終学歴 早稲田大学専門部工科建築科
職歴 元NHKアナウンサー
→フジテレビジョン契約アナウンサー
→フリー
活動期間 1949年 - 2016年
過去の出演番組 『ジェスチャー』『小川宏ショー』『FNS歌謡祭』など

早稲田大学からHNKへ、フリーに転身

早稲田大学出身。NHKでアナウンサーとして「ジェスチャー」の司会を10年間務めた後、1965年にNHKを退職。

フリーに転身し、フジで「小川宏ショー」をスタートします。82年の番組終了まで17年間で、放送回数は4,451回という金字塔を打ち立てました。

「人の名前を冠にした番組の最長寿記録」でギネスに認定

「人の名前を冠にした番組の最長寿記録」として、「森田一義アワー 笑っていいとも!」に抜かれるまで長期間、ギネスに認定されていました。

最終回前日の82年3月30日の放送回には、巨人で活躍した長嶋茂雄さん、俳優・石原裕次郎さん、女優・高峰三枝子さんが出演し、小川に対する信頼の高さを裏付けたそうです。

小川宏ショーってどんな番組だった?

主婦向けワイドショー番組として放送開始。
当初は主だったコーナーはなく、ニュースや電話による相談コーナー、それに、「子どもの広場」のコーナーで構成。

「個性ある番組作り」を行うため、「曜日ごとのテーマ」の企画に方針を一新した。その中で、「初恋談義」が話題となり、以後、「ご存知ですかこの人を」、「金曜編集室」、「私のふるさと」、「いたずら談義」等のトークコーナーを中心としたサロントーク型ワイドショーとして人気を博したそうです。

アシスタント役の露木茂(つゆきしげる)が話題の事件・事象を独自に徹底取材する「露木レポート」や生放送の利点を生かした現場中継の多用によりニュースショーとしても高い定評を獲得したそうです。

あの元フジテビアナウンサーの露木茂さん、突撃取材されていたんですね。

過去にはうつ病で自殺未遂も

1991年秋にうつ病を発症。一時は妻から離婚を切り出されるほど重症となり、93年3月には踏切自殺未遂を起こす。

「死のう」と思い、新調したスーツを着て線路わきに3時間立ったが、思いとどまったことを後に明かしています。

身内に裏切られ、9千万円あった貯金がゼロに

病気を克服し、99年にうつ病だったことや、自殺未遂、フリー転身後に設立したプロダクションで身内に裏切られ、9千万円あった貯金をすべてなくしたことなども告白されています。

うつ病の体験も本にして出版

うつ病の体験も本にして出版し、現在は講演活動なども行っていた。名司会者であり、穏やかな語りで話術の達人としても知られた。

2000年のインタビューでは、「人生80年時代ですから、高齢者とは80歳以上だと思います。私はまだ青年なんです」と穏やかな笑顔で話していたそうです。

小川宏さんのお別れの会について

小川宏さんのお別れの会は、まだ未定のようです。
情報が入り次第、更新いたします。

この記事もよく読まれています

スポンサーリンク300

SPONSORED LINK


-訃報