訃報

【訃報】俳優の平幹二朗が急死|死因と出演中の月9ドラマ代役が気になる

2016/10/31

俳優の平幹二朗さんが23日の夜、82歳が死去。23日の夕方6時半頃、連絡が取れないと知らせを受けた、家族が自宅を訪れたところ浴槽の中で亡くなっているのを発見したという。 女優の佐久間良子さんの元夫 俳優の平岳大さんの父。大河ドラマ「樅ノ木は残った」など出演多数。

平幹二朗
厚で格調高い演技で知られ、ライフワークのシェークスピア劇の上演をはじめNHKの大河ドラマの主演などで幅広く活躍した日本を代表する舞台俳優の1人、享年82歳でした。

SPONSORED LINK



 

平 幹二朗(ひら みきじろう)さんの死因は?

連絡が取れないと知らせを受けた、家族が自宅を訪れたところ浴槽の中で亡くなっているのを発見したそうです。死因はまだ特定されていないようです。

82歳という御高齢なので、いろいろな原因が考えられると思われます。

10/31 追記です

ヒートショック現象によるものと推測もされたが、その後、警察での遺体検案などで平の死亡に事件性がないと判断されたことを受け、遺族の決定により死亡日を10月22日とし、死因は不明としたことが明らかにされた。

 

平 幹二朗(ひら みきじろう)さんのプロフィール

本名 平 幹二朗(ひら みきじろう)
生年月日 1933年11月21日
没年月日 2016年10月23日(満82歳没)
出生地 広島県広島市中区
死没地 日本
身長 180cm
血液型 B型
職業 俳優・演出家
ジャンル 演劇・テレビドラマ・映画
活動期間 1953年 - 2016年
活動内容 1953年:俳優座養成所五期生
1956年:俳優座入団・デビュー
1963年:『三匹の侍』
1970年:『樅ノ木は残った』
1973年:『国盗り物語』
1974年:『花の生涯』
1977年:『新選組始末記』
1979年:『不毛地帯』
1984年:『天城越え』
1992年 : 『信長 KING OF ZIPANGU』
1998年:紫綬褒章
2005年:旭日小綬章
配偶者 佐久間良子(1970年 - 1984年)
著名な家族 平岳大(長男)
事務所 ケイファクトリー

84年に芸術選奨文部大臣賞を受賞。88年に都民文化栄誉章、98年には紫綬褒章、05年には旭日章綬章を受章している。

平 幹二朗(ひら みきじろう)さんの著名な家族

%e5%b9%b3%e5%b2%b3%e5%a4%a7

平幹二朗の息子・平岳大(ひら たけひろ)
27歳の時、役者へ転身。
両親と共演した舞台「鹿鳴館」が平岳大の初舞台となった
鹿鳴館 (新潮文庫)

両親と共演した舞台「鹿鳴館」が平岳大の初舞台となった

三島由紀夫原作の「鹿鳴館」はたくさん舞台化もされていますね

%e5%b9%b3%e5%b2%b3%e5%a4%a7%ef%bc%88%e7%9c%9f%e7%94%b0%e4%b8%b8%ef%bc%89

最近では真田丸(2016年、NHK) - 武田勝頼 役を好演されていました。

 

女優の佐久間良子さんは、元妻で平岳大さんの母親

%e4%bd%90%e4%b9%85%e9%96%93%e8%89%af%e5%ad%90

1970年4月16日、佐久間良子さんは、俳優の平幹二朗さんと東京・赤坂の霊南坂教会で結婚式を挙げた。

1974年7月、長男岳大・長女(双子)を出産。

1984年離婚記者会見。平との結婚生活にピリオドを打った。

離婚を決断した理由は佐久間によれば「夫婦のギクシャクした空気はどうしても子どもたちには隠し通せなくなり、ストレスが原因で、気が付くと息子はチック症というまぶたの筋肉がけいれんする神経性の病気にかかり、娘も妙に明るく騒ぐなど、様子が普通ではなくなっていた。」ためという。

 

平 幹二朗(ひら みきじろう)さん 最近の出演作品

ドラマ

・医龍 -Team Medical Dragon- 4(2014年1月 - 、フジテレビ)- 桜井修三 役
・リスクの神様(2015年7月 - 9月、フジテレビ) - 天童徳馬 役
・ザ・ドライバー(2015年10月11日、テレビ朝日) - 西郷繁 役
・放送90年 大河ファンタジー 「精霊の守り人」(2016年3月 - 、NHK) - 聖導師 役
・沈まぬ太陽 第2部(2016年7月 - 、WOWOW) - 利根川 役
・カインとアベル(2016年10月 - 、フジテレビ) - 高田宗一郎 役

映画

・忍たま乱太郎(2011年) - 大川平次渦正(学園長) 役
・蜘蛛の糸(2011年) - カンダタ 役
・チベット犬物語 〜金色のドージェ〜(2012年) - テンジン(大人)役
・永遠の0(2013年) - 長谷川 役
・円卓 こっこ、ひと夏のイマジン(2014年) - 石太 役
・蒼の乱(2015年) - 常世王 / 奥の大殿 役

 

「カインとアベル」優の祖父役 (高田宗一郎)の代役は誰に?

 

フジテレビ系で現在放送中のドラマ「カインとアベル」(月曜、後9・00)では、Hey!Say!JUMPの山田涼介(23)演じる主人公・優の祖父役 (高田宗一郎)で、出演されていました。

急死されたことで、代役がどうなるのかが心配されているようです。

代役は、寺尾聰さんに決まりました

10/31 追記です

「カインとアベル」で演じていた主人公の祖父役を俳優、寺尾聰さん(69)が引き継ぐことなったそうです。

非常事態に快諾-。22日に急死した俳優、平幹二朗さん(享年82)が放送中のフジテレビ系「カインとアベル」(月曜後9・0)で演じていた主人公の祖父役を俳優、寺尾聰(69)が引き継ぐことが30日、分かった。物語の鍵を握る重要な役どころだが、突然の代役オファーにもかかわらず寺尾は快諾。近く収録に参加し、11月7日放送の第4話から登場する。

 

NHKドラマ「精霊の守り人」の聖導師の代役は?

10月22日に亡くなった俳優・平幹二朗さん(享年82)が務める予定だったNHKのドラマ「精霊の守り人」シーズン3(2017年11月放送予定)の代役を俳優の鹿賀丈史(66)が務めることが31日、分かった。

 

まとめ

とてもダンディーで、いつも大金持ちの役を演じている印象が強かった平幹二朗さん。

ご冥福をお祈りいたします。

 

スポンサーリンク336

SPONSORED LINK

-訃報